2006年08月23日

初めての熱帯魚飼育を楽しむ!(4 )(飼育・ケア編)

さて、飼いたい魚も決まったことですし
早速ショップへ向かいましょう。

欲しかった魚は見つかりましたか?
それでは水槽に入れる前に、温度合わせと
水合わせをしましょう。

温度合わせ

魚は急な水温の変化に大変弱い生き物です。
ダメージの無いように水槽に入れる前に
買って来た魚の入っている袋の水と、水槽の
水の温度を合わせます。
って言うと難しそうに聞こえますが、水槽に
袋ごと浮かべておけばそのうち温度は同じに
なります。慌てる必要もありませんが
時間をかけても無駄なので、袋のサイズにも
よりますが30分も浮かべておけばいいでしょう。
終わったら次の水合わせに入ります。

水合わせ

魚は急な水質の変化にも大変弱いので、
水槽に入れる前に袋の水と水槽の水をなるべく
同じ水質になるように水合わせをします。

まず温度合わせの終わった袋を開け、小型の
容器に移しましょう。2Lサイズのペットボトルの
上部を切っておくとちょうどいいサイズの
容器が出来上がるのでオススメです。

移し終えたら今度は容器の水に対して1/5程度の
水槽の水を入れましょう。入れ終わったら
約10分間水槽に容器ごと浮かべておきます。
容器が倒れないように大きめの洗濯ばさみや
水槽のフタなどで抑えておきましょう。
10分後さらに最初と同量の水槽の水を
容器に入れましょう。容器がいっぱいになって
しまったら魚が流れないように気をつけながら
容器の水を半分ほど捨てましょう。

これを約5回繰り返してから魚をネット等ですくい
水槽に入れましょう。基本的にショップの水は
どんな病気を持ち込むかわからないので水槽内に
入れないようにします。
回数はあくまでも目安なので水質に敏感な魚等は
もっと量を減らして回数を増やすべきですが、
正直そんな魚を最初に飼うのはやめておきましょう。

これでひとまずアクアリウムの完成です。
お疲れ様でした。

エサをあげてみよう

公園のコイにエサをあげるのが楽しみだった方、
今日からは自宅で出来ちゃいます。これこそが
熱帯魚飼育の醍醐味ですね。
カワイイ魚たちなのでついついエサを多めに
与えてしまいがちですが、魚たちは体温の
調節を水温に頼っている変温動物なので
基本的にカロリーを多く消費しません。
エサのあげ過ぎは水質の悪化を招き、魚たちの
健康を害することになるので、なるべく
少なめに与えましょう。
エサが全ての魚に行き渡らない場合は、エサを
多めにあげるのではなく、例えば浮上性の
エサを活発な魚たちが食べている間に、沈下性の
エサをおとなしめの魚に与える、というように
工夫してみましょう。

色んなフード

水換えもしよう

魚たちは水の中でおしっこをします。徐々に
有害な物質が水槽内の水に蓄積していきますので
タイミングを見て水換えをしましょう。
ある程度は水槽やフィルター内のバクテリアが
比較的無害な物質に分解してくれますが、特に
飼育当初はバクテリアも少ないので、頻繁な
水換えが必要になります。多くの量をいっぺんに
換えず、週2回4分の1づつと言ったように
少なめの水換えを多く行うようにします。
また、飼育当初は飼育匹数もごく少なめに
しましょう。
水抜きには便利な道具がポンプやホースが
あるのでこちらを使うといいでしょう。
また、水を入れる時はカルキ抜きなどで
カルキを抜いた水を、水面に手のひらや皿などを
置いてその上に流しましょう。一気に入れると
水槽内の沈殿物が舞うので気をつけましょう。

便利な水換え用品

以上の手順をふまえて・・・

betta04.jpg

はい出来上がりっ!

これまで書いてきたことはホントに初歩の初歩。
これから色んなことがあると思います。
それを1つ1つ乗り越えて楽しいアクアライフを
送ってください。とりあえずここまで。

初めての熱帯魚飼育を楽しむ!(3)(導入編)へ戻る
もう元には戻れないアクアリウムの世界へ!



ニックネーム 与田 at 21:53| Comment(12) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ついに、ここまで完成しましたか!すごいですね!!熱帯魚ファンが増えること、間違いなしですね。

仕上げは、やはり、与田さんの「専売特許」ですよね。

1)水質は、「飲んで確かめる」!
2)魚は、見るだけでなく、「食べて味わう」!

やはり、アクアリストは、ここまで極めねばなりませんね。

私としては、続編に大変期待していますよ^^。
Posted by 金魚のパパ at 2006年08月24日 20:26
アクア仲間増えると良いですよね。
なんだか、難しいでしょ〜って、思われているんですよね、アクア。
Posted by puku at 2006年08月24日 23:03
こんばんは。

はい出来上がりっ!ってw 

海苔瓶の赤いフタ、どうにかならないでしょうかw
写真も又、昭和なイメージがしてならないのです。

パパさんのコメにもあるように、これでは納まりつきませんよーw
Posted by 言霊 at 2006年08月24日 23:13
>金魚のパパ
なぜそこまで食わせたがるw
正直釣りとか好きだけど、食ったり釣ったりは飼育ブログと分けるべきでしょうね。平気な人と不快に思う人がいるだろーし。難しいところです。
Posted by 与田 at 2006年08月25日 22:18
>puku
簡単といえば簡単だし、難しいといえば難しいんですよね。その人のやりたいコト次第なんですけどね。
Posted by 与田 at 2006年08月25日 22:20
>言霊
うっかりオチを忘れて、ふつーに水槽載っけちゃうところでしたよ。
枠あり友の会(会員1名)として今度はステンの枠あり水槽買ってノスタルジィを演出してやろうと思います。
Posted by 与田 at 2006年08月25日 22:22
冗談ですよ^^。でも、奈良のHPでは、金魚食ってるし、韓国少女も金魚を食ってて、私は、「ヒェー!」っと思いながらも見てました。そんなスレてしまった自分に、今、気づきました(笑。普通に考えれば、お魚飼って間もない方は、嫌悪感を抱き、ある程度の飼育期間が経過した方は、平気というところでしょうね。ネタと理解できな方には、無理な行為ですね。今回、「講座」を載せた事で、アクアに興味を持ち始めた方もおられるので、「特殊技術」は隠しておいた方が、与田さんのアクア界での株は上がりますね♪で、「枠あり友の会」の「枠」って、あの、金魚屋さんにある、古い水槽の事?小型魚しか飼えない薄さですね。ちょうど、プラズマテレビ中で、魚を飼う感じね。
Posted by 金魚のパパ at 2006年08月26日 10:36
>金魚のパパ
特殊技術は今後の記事追加でガンガン沈めていこうと思いますw
枠ありは黒い縁取りの粋な水槽のコトですよ。ライトとか水槽台まで黒で揃えるとあんまり目立たないと思うんだけど。
やっぱオールガラスの方がかっこいいなぁ。
Posted by 与田 at 2006年08月27日 00:23
お久しぶりです。
これは素敵な記事ですね(゜m゜*) 
まず最初にこちらを見とけばよかったです(笑)
色々な飼育方サイトある中でも経験に基づき
こんなに細かく書いてあるのはあまり無いのではないでしょうかw
やはりこういった記事はニコチンにはまだ理解不能な難しい知識があってこそできるんでしょうね。

って、ハイ出来上がりが海苔水槽ですか・・・(笑)オチもさすがですw
Posted by ニコチン at 2006年08月28日 23:49
かんせーおめー♪
世に広げよう、アクアの輪(^.^)
素晴らしい説明の記事で感心しきっていた所で、
海苔の赤蓋がぁ…
あ、でもひょっとしてベタちゃんの紫と合わせて…?
Posted by セクター at 2006年08月29日 00:54
>ニコチン
おひさー!
ええもうそこまで言われるとyahooカテゴリ掲載対策として書き始めたなんて股が裂けても言えませんね。
ホントはね、皆にいっぱい失敗して欲しいんだ。そっから何を学び取るかは本人次第ですけどねー。
Posted by 与田 at 2006年08月29日 22:19
ええもうそこまで言われると途中で投げ出そうかと思ったなんて股が裂けても言えませんね。
ウチは猫がいるのでフタが必須なのです。そんだけw
一応真ん中くり抜いて密閉しないようにしてあります。
Posted by 与田 at 2006年08月29日 22:23
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/427242
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最大級の品揃え!アクアリウム専門通販