2006年08月22日

初めての熱帯魚飼育を楽しむ!(3)(導入編)

それでは準備も整ったことですし、いよいよ
どんな魚を飼うか検討しましょう。
ここでは小型魚を中心に紹介します。
(と言うか小型魚しか飼ったことないので。)

siiku01.jpgsiiku02.jpgsiiku03.jpg

ゴールデンデルモゲニー
水面近くを泳ぐサヨリの仲間「デルモゲニー」の
表面に光るバクテリアのついたプラチナタイプです。
同種間では激しく争うので、複数飼う場合はなるべく
サイズを揃えましょう。卵胎生の魚でペアで飼うと
メスが卵から孵った状態の稚魚を生みます。
口に入るサイズの魚は食べてしまうので、繁殖を
目指すなら隠れ家となる浮き草などを用意して
あげましょう。

クラウンキリー
熱帯性のメダカの仲間です。熱帯性のメダカには
繁殖が難しいモノもいますが、クラウンキリーの
場合はペアで飼えば繁殖も容易です。産卵床になる
浮き草や、葉形の細かい水草を用意してあげましょう。

ゴールデンアカヒレ
よくホームセンターなどでコップに入って売られている
コイ科の魚「アカヒレ」の黄色味が強い変種固体を
継代飼育によって固定したタイプ。
本来は熱帯魚ではなく、日本の気候にも適応
出来ますが、熱帯魚と一緒に飼育してもなんら
問題はありません。
活発な魚なので落ち着いた雰囲気を目指す方には
オススメ出来ません。

siiku04.jpgsiiku05.jpgsiiku06.jpg

カージナルテトラ
熱帯魚飼育の王道とも言えるメタリックの青と赤の
ツートンがキレイな魚。日本ではなじみのない
「カラシン」と言う種属の仲間になりますが、
熱帯魚で有名なピラニアなども同じカラシンの
仲間になります。群泳を期待して多く入れてしまいがち
ですが、あまり群泳してくれない上に、思ったより
大きくなるので注意が必要です。

ナノストムスベックフォルディ
細長いスタイルと斜めに泳ぐ姿から、別名ペンシルフィッシュ
とも呼ばれています。こちらもカージナルテトラ
同様カラシンの仲間。複数で飼うとヒレの先が
キレイな赤に染まります。

ゴールデンハニードラーフグーラミィ
ゴールデンアカヒレ同様、原種「ハニードワーフグーラミィ」の
黄色味が強いものを継代飼育によって固定したタイプ。
闘魚として有名なベタの仲間ですが、例外的に
おっとりとした性格をしています。たまに同種で
小競り合いをする程度です。

siiku07.jpgsiiku08.jpgsiiku09.jpg

オトシンクルス
お掃除屋さんとして薦められることが多いナマズの仲間。
水槽内で繁殖したコケを食べてくれますが、コケが
無くなると飢え死にしてしまうので、数を入れすぎない
ように注意しましょう。また、草食魚用のエサも
与えてあげましょう。

サイアミーズフライングフォックス
オトシンクルス同様、水槽内で繁殖したコケを
食べてくれるコイの仲間。10cmを越す上に
大きくなると気性も激しくなるので注意が必要です。

コリドラスアエネウス
細かい底砂で飼うとほじほじしてエサを探すユーモラスな
ナマズの仲間。写真は色素の欠乏したアルビノタイプ。
コリドラスアエネウスに関しては例外的にアルビノ
タイプの方が丈夫です。

他にも色んな魚がいますが、極力最初のうちは
安くて飼育の容易な魚を選びましょう。

その他の魚についてはこちらが写真付きで詳しく
紹介されているのでオススメです。

初めての熱帯魚飼育を楽しむ!(2)(飼育準備編)へ戻る
初めての熱帯魚飼育を楽しむ!(4)(飼育・ケア編)に続く。

ニックネーム 与田 at 00:26| Comment(12) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アクアリスト仲間が増えると 楽しいですよね。
基本を 知って飼育すると楽しみ 倍増です。
失敗しても それを糧にして、同じ失敗を 繰り返さず進んでくれたら嬉しいですよね。

最近は、ネットも普及してきているし、下調べや勉強してから、アクアはじめてほしい。
ショップも売れ売れ作戦でなく、生体や アクアリストをつぶさないよう 適切なアドバイスしてほしいなぁと思います。

与田さん、フレ〜フレ〜!!
Posted by puku at 2006年08月16日 17:32
こんばんは。

コリ以外のデーターがなく近々熱帯魚図鑑を買おうと思ってましたが、今回の与田さんの記事丸ごとコピーします。
Posted by 言霊 at 2006年08月16日 20:28
>puku
正直私飼育指南書など一切買ったことありません。ネットで調べりゃわかるもんねぇ。
とりあえず今回は頑丈で飼育が容易な種類だけ紹介したけど、ホントは自分が飼いたいと思ったものをムリない範囲で飼って欲しいです。自分がアクアについてよく調べるようになったのは初めて飼ったミドリフグが☆になってからですからね。

ウチのブログではエンターテインメントを売りにしてるのでめったに書きませんが、必ず死は訪れます。上手な飼育ってのは、死んだ時後悔しない飼育が出来るか?それまでの間一緒に楽しく過ごせるか?だと思うのですよ。
俺はまだまだだなぁ。
全然まだまだだ。
Posted by 与田 at 2006年08月16日 23:13
>言霊
ふっはっは。
これ書くのに3時間かかったので心してご利用くださいw
写真も半数撮り下ろしたし。
しかもお盆特別企画のつもりが、肝心の水合部分が間に合わず、次回になってしまいました。残念。
Posted by 与田 at 2006年08月16日 23:17
与田さん、ブログに来て頂き、有難うございました。
与田さんのブログ・・目をこらして拝見しました!
アクア若葉マークの私には、大変 勉強になりました。飼う前には、やはりショップの方に質問しまくり、パソコンで調べたり、生き物ですから、失敗が有っては成らない・・いつも頭に有ります。
万が一、事が起きたら、同じ事を繰り返したくないので、また勉強です。間違って居るかも知れませんが、
うちは、熱帯魚にとって良い環境を・・と思う気持ちが、水槽を10個にしました。
これからも、度々伺わせて頂きます・・・。
Posted by トモミ at 2006年08月17日 03:30
帰って来ました。

しばらく来ないうちに、「講座」が本格的になってて・・・

私のブログの方は、彦○呂状態で、食べ物ばかり(笑。

また、よろしくです^^。
Posted by 金魚のパパ at 2006年08月18日 18:48
こんばんは。

またまた 記事作成中申し訳ないけどお)))w

CO2キッドの件参考にしましたよ。
ミニ ボンベ、口が合うのと合わないのがあるんですね。

コリの集合水槽を先にして直ぐCO2に取り掛かります。
良く行く大型ショップのディスプレイ水槽が何時も輝いて見えるもんで ^^;
Posted by 言霊 at 2006年08月18日 21:56
>トモミ
おいでませー!
あの水槽マンションは圧巻ですね。
俺にはきっと維持しきれないw
Posted by 与田 at 2006年08月18日 23:20
>金魚のパパ
おかえりや〜!
台風の影響はありませんでしたか?
アクア食べ歩きごくろうさまですw

Posted by 与田 at 2006年08月18日 23:23
>言霊
はーい。今日のはあっちゅう間なので全然心配無しですよw
最初っからミドボン置くつもりなら
http://www.mizukusa-greens.com/good/regyu/r911.htm
こう言うヤツの方が安上がりかも知れませんね。迷うところだ。
Posted by 与田 at 2006年08月18日 23:30
コンバンハ(^.^)ご無沙汰です。
木曜日から幼稚園の夏季保育が始まったので、又皆の所に回れるようになりました。

わーい、講座だぁw
私もここで勉強♪(エ?)
そうそう、カージナルの事書かれてますが、「あまり群れない」んですよね。
意外と知られてない事実な気がします。
うちのもバラバラww
見た目似てるけど、ネオンテトラとは性格が全く違うようですね。
我が家のサイアミ、現在12cmです…(-_-;)
Posted by セクター at 2006年08月29日 00:41
>セクター
あらごくろうさまでした。
カージナルを良く見ると尾ビレに切れ込みがあります。ネオンテトラはもちろん他のカラシンにも見られない特徴なんで、割と変わった魚なのかなぁ?と。
我が家のサイアミさんはまだ8cmくらいです。それでも飼い始めた頃の倍にはなってますねぇ。ウチもそろそろ隔離かな・・・
Posted by 与田 at 2006年08月30日 22:40
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/416141
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最大級の品揃え!アクアリウム専門通販