2006年06月22日

インパイクティスケリー(2)

インパイクティスケリー

だいぶ青みが増してきました。照明の角度にも
よるけど。
これでムギツク呼ばわりされる心配もありませんね。
(ムギツクはムギツクでキレイだとは思いますが。)

とにかくちょこまかやかましいので、ゆったりとした
水景をお好みの方にはオススメ出来ません。
写真を撮るのも一苦労です。ピントなど合うわけも
ありません。と言い訳してみる。

関連記事

インパイクティスケリー
インパイクティスケリーを販売しているお店
熱帯魚飼育始めるなら!

ニックネーム 与田 at 21:54| Comment(10) | TrackBack(0) | 熱帯魚 - テトラの仲間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ん、さすがに、ここまで来ると、私にも、ムギツクとの区別がつくような「気」がします。でも、魚屋さんに、こんな魚が売ってたような・・・「切り身」でしたが。
Posted by 金魚のパパ at 2006年06月22日 22:21
これとか、エンペラーテトラってドキドキするような良い色になりますよね! 怪しい魅力を感じます♪
Posted by omike at 2006年06月22日 23:04
コンチワ。

身体全体に深みある艶、色が出てますね!

そう、そう、蛍光灯の角度、気になりますね!
自分の写真もポイントは角度だけですw
Posted by 言霊 at 2006年06月23日 13:42
>金魚のパパ
今度はタカベと区別がつかないとか言い出すつもりですね。
Posted by 与田 at 2006年06月23日 22:17
>omike
どちらも性格にやや難アリなのがタマにキズですね。あと光の加減に気づくまで、ショップで違う魚つかまされたのかと思いました。
Posted by 与田 at 2006年06月23日 22:19
>言霊
ワンワンワ。
故 鈴木その子さん並に気になりますね。
ウチのライトはクリップ式なのでちょこちょこ角度変えて撮ってみようかと思います。
Posted by 与田 at 2006年06月23日 22:21
いいえ、ムギツク位しか知りませんので(笑。
Posted by 金魚のパパ at 2006年06月23日 23:06
ヒュンヒュン泳ぐお魚の写真を撮るのは至難の業ですよね。
美しいお魚は、まったりとして眺めたいものです。
この種、熱帯魚に無知だった頃は太ったペンシルフィッシュかと思ってました(汗)
もちろん今は分かりますよ!(^^;
更なる色揚げが楽しみです。
Posted by セクター at 2006年06月25日 00:33
>金魚のパパ
さすがにムギツクの切り身は売ってないでしょw
Posted by 与田 at 2006年06月25日 21:12
>セクター
コリなんかは割と撮りやすいけど、パレアトゥスはちょこまか撮りづらかったり色々ですねー。そして撮りやすいヤツの記事ばかりが増えていきますw
とりあえずムギツクと区別がつけば大丈夫だと思います。
Posted by 与田 at 2006年06月25日 21:16
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/347555
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最大級の品揃え!アクアリウム専門通販