2006年08月28日

シュードエピプラティスアニュレイタス(クラウンキリー)(2)

シュードエピプラティスアニュレイタス(クラウンキリー)

やーっと見つけたメスっぽいクラウンキリー。
でも今、写真編集してるうちに、なんか小さいだけで
オスっぽい気がしてきました・・・
どうか女の子ちゃんでありますよーに。
後こいつ撮る時は普段見えない水槽上部の掃除を
忘れてはいけませんね。
きたねー。

関連記事

ニックネーム 与田 at 22:25| Comment(16) | TrackBack(0) | 熱帯魚 - メダカの仲間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

アピストグラマアガシジィ

アピストグラマアガシジィ

初アピストのなんとかレッドとか付かない
ふつーのアガシジィさん。
小っちゃくてカワイイと思ってたら、バクバク
食いまくってあっという間にデカくなりますなー。
性格も他の魚を威嚇するようになってきたので
将来別水槽行きかも。

aga02.jpg

女ちゃん(たぶん)も遠慮なく良く食います。

関連記事
ニックネーム 与田 at 22:11| Comment(12) | TrackBack(0) | 熱帯魚 - シクリッドの仲間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

初めての熱帯魚飼育を楽しむ!(4 )(飼育・ケア編)

さて、飼いたい魚も決まったことですし
早速ショップへ向かいましょう。

欲しかった魚は見つかりましたか?
それでは水槽に入れる前に、温度合わせと
水合わせをしましょう。

温度合わせ

魚は急な水温の変化に大変弱い生き物です。
ダメージの無いように水槽に入れる前に
買って来た魚の入っている袋の水と、水槽の
水の温度を合わせます。
って言うと難しそうに聞こえますが、水槽に
袋ごと浮かべておけばそのうち温度は同じに
なります。慌てる必要もありませんが
時間をかけても無駄なので、袋のサイズにも
よりますが30分も浮かべておけばいいでしょう。
終わったら次の水合わせに入ります。

水合わせ

魚は急な水質の変化にも大変弱いので、
水槽に入れる前に袋の水と水槽の水をなるべく
同じ水質になるように水合わせをします。

まず温度合わせの終わった袋を開け、小型の
容器に移しましょう。2Lサイズのペットボトルの
上部を切っておくとちょうどいいサイズの
容器が出来上がるのでオススメです。

移し終えたら今度は容器の水に対して1/5程度の
水槽の水を入れましょう。入れ終わったら
約10分間水槽に容器ごと浮かべておきます。
容器が倒れないように大きめの洗濯ばさみや
水槽のフタなどで抑えておきましょう。
10分後さらに最初と同量の水槽の水を
容器に入れましょう。容器がいっぱいになって
しまったら魚が流れないように気をつけながら
容器の水を半分ほど捨てましょう。

これを約5回繰り返してから魚をネット等ですくい
水槽に入れましょう。基本的にショップの水は
どんな病気を持ち込むかわからないので水槽内に
入れないようにします。
回数はあくまでも目安なので水質に敏感な魚等は
もっと量を減らして回数を増やすべきですが、
正直そんな魚を最初に飼うのはやめておきましょう。

これでひとまずアクアリウムの完成です。
お疲れ様でした。

エサをあげてみよう

公園のコイにエサをあげるのが楽しみだった方、
今日からは自宅で出来ちゃいます。これこそが
熱帯魚飼育の醍醐味ですね。
カワイイ魚たちなのでついついエサを多めに
与えてしまいがちですが、魚たちは体温の
調節を水温に頼っている変温動物なので
基本的にカロリーを多く消費しません。
エサのあげ過ぎは水質の悪化を招き、魚たちの
健康を害することになるので、なるべく
少なめに与えましょう。
エサが全ての魚に行き渡らない場合は、エサを
多めにあげるのではなく、例えば浮上性の
エサを活発な魚たちが食べている間に、沈下性の
エサをおとなしめの魚に与える、というように
工夫してみましょう。

色んなフード

水換えもしよう

魚たちは水の中でおしっこをします。徐々に
有害な物質が水槽内の水に蓄積していきますので
タイミングを見て水換えをしましょう。
ある程度は水槽やフィルター内のバクテリアが
比較的無害な物質に分解してくれますが、特に
飼育当初はバクテリアも少ないので、頻繁な
水換えが必要になります。多くの量をいっぺんに
換えず、週2回4分の1づつと言ったように
少なめの水換えを多く行うようにします。
また、飼育当初は飼育匹数もごく少なめに
しましょう。
水抜きには便利な道具がポンプやホースが
あるのでこちらを使うといいでしょう。
また、水を入れる時はカルキ抜きなどで
カルキを抜いた水を、水面に手のひらや皿などを
置いてその上に流しましょう。一気に入れると
水槽内の沈殿物が舞うので気をつけましょう。

便利な水換え用品

以上の手順をふまえて・・・

betta04.jpg

はい出来上がりっ!

これまで書いてきたことはホントに初歩の初歩。
これから色んなことがあると思います。
それを1つ1つ乗り越えて楽しいアクアライフを
送ってください。とりあえずここまで。

初めての熱帯魚飼育を楽しむ!(3)(導入編)へ戻る
もう元には戻れないアクアリウムの世界へ!



ニックネーム 与田 at 21:53| Comment(12) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

初めての熱帯魚飼育を楽しむ!(3)(導入編)

それでは準備も整ったことですし、いよいよ
どんな魚を飼うか検討しましょう。
ここでは小型魚を中心に紹介します。
(と言うか小型魚しか飼ったことないので。)

siiku01.jpgsiiku02.jpgsiiku03.jpg

ゴールデンデルモゲニー
水面近くを泳ぐサヨリの仲間「デルモゲニー」の
表面に光るバクテリアのついたプラチナタイプです。
同種間では激しく争うので、複数飼う場合はなるべく
サイズを揃えましょう。卵胎生の魚でペアで飼うと
メスが卵から孵った状態の稚魚を生みます。
口に入るサイズの魚は食べてしまうので、繁殖を
目指すなら隠れ家となる浮き草などを用意して
あげましょう。

クラウンキリー
熱帯性のメダカの仲間です。熱帯性のメダカには
繁殖が難しいモノもいますが、クラウンキリーの
場合はペアで飼えば繁殖も容易です。産卵床になる
浮き草や、葉形の細かい水草を用意してあげましょう。

ゴールデンアカヒレ
よくホームセンターなどでコップに入って売られている
コイ科の魚「アカヒレ」の黄色味が強い変種固体を
継代飼育によって固定したタイプ。
本来は熱帯魚ではなく、日本の気候にも適応
出来ますが、熱帯魚と一緒に飼育してもなんら
問題はありません。
活発な魚なので落ち着いた雰囲気を目指す方には
オススメ出来ません。

siiku04.jpgsiiku05.jpgsiiku06.jpg

カージナルテトラ
熱帯魚飼育の王道とも言えるメタリックの青と赤の
ツートンがキレイな魚。日本ではなじみのない
「カラシン」と言う種属の仲間になりますが、
熱帯魚で有名なピラニアなども同じカラシンの
仲間になります。群泳を期待して多く入れてしまいがち
ですが、あまり群泳してくれない上に、思ったより
大きくなるので注意が必要です。

ナノストムスベックフォルディ
細長いスタイルと斜めに泳ぐ姿から、別名ペンシルフィッシュ
とも呼ばれています。こちらもカージナルテトラ
同様カラシンの仲間。複数で飼うとヒレの先が
キレイな赤に染まります。

ゴールデンハニードラーフグーラミィ
ゴールデンアカヒレ同様、原種「ハニードワーフグーラミィ」の
黄色味が強いものを継代飼育によって固定したタイプ。
闘魚として有名なベタの仲間ですが、例外的に
おっとりとした性格をしています。たまに同種で
小競り合いをする程度です。

siiku07.jpgsiiku08.jpgsiiku09.jpg

オトシンクルス
お掃除屋さんとして薦められることが多いナマズの仲間。
水槽内で繁殖したコケを食べてくれますが、コケが
無くなると飢え死にしてしまうので、数を入れすぎない
ように注意しましょう。また、草食魚用のエサも
与えてあげましょう。

サイアミーズフライングフォックス
オトシンクルス同様、水槽内で繁殖したコケを
食べてくれるコイの仲間。10cmを越す上に
大きくなると気性も激しくなるので注意が必要です。

コリドラスアエネウス
細かい底砂で飼うとほじほじしてエサを探すユーモラスな
ナマズの仲間。写真は色素の欠乏したアルビノタイプ。
コリドラスアエネウスに関しては例外的にアルビノ
タイプの方が丈夫です。

他にも色んな魚がいますが、極力最初のうちは
安くて飼育の容易な魚を選びましょう。

その他の魚についてはこちらが写真付きで詳しく
紹介されているのでオススメです。

初めての熱帯魚飼育を楽しむ!(2)(飼育準備編)へ戻る
初めての熱帯魚飼育を楽しむ!(4)(飼育・ケア編)に続く。
ニックネーム 与田 at 00:26| Comment(12) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

初めての熱帯魚飼育を楽しむ!(2)(飼育準備編)

設備編に続いて飼育準備編です。これが終わればもーちょっとで
熱帯魚が飼えます。

設置場所を決める

1・水槽を置く十分なスペース
水槽が台からはみ出ていたり、水槽の下に突起があると破損の
原因になります。一般的な水槽で横幅60cmx奥行き30cmあります。
よく考えた上で決めましょう。

2・水源が近い
60cmの水槽で3分の1水換えすると約20リットルの水を
運ぶことになります。結構な重量ですからなるべく水道から
遠くないところに置くのがいいでしょう。

3・直射日光が当たらない
直射日光は水槽内にコケが繁茂する原因になります。
また、夏場は急な水温上昇の原因にもなるので、
直射日光の当たらない涼しい場所を選びましょう。

水槽を洗う

買って来たばかりの水槽はホコリや汚れがついているので
風呂場などで洗いましょう。ガラス水槽はデリケートなので、
設置場所から水源までの障害物をなるべく避けておきましょう。
また、界面活性剤は魚にとって有毒なので必ず水洗いしましょう。

底砂を洗う

洗い済みのモノも売っていますがたいていはゴミが混じっていたり
します。底砂を入れるなら底砂もセット前に洗いましょう。
水槽内で洗うと傷の原因になるのでボウルや洗面器に移して
ゆすぐ様に洗ってから水槽に入れましょう。

器具の設置

水槽に水を半分ほど入れたらフィルターやヒーターなどの器具を
設置して動作を確認しましょう。
また、水草等のレイアウトもここで行いましょう。
セットが出来たら水を満タンまで入れます。カルキ抜きや
バクテリアの素を使う場合はここで入れましょう。

siiku.jpg

初めての熱帯魚飼育を楽しむ!(1)(設備編)へ戻る
初めての熱帯魚飼育を楽しむ!(3)(導入編)に続く。
ニックネーム 与田 at 22:20| Comment(8) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

初めての熱帯魚飼育を楽しむ!(1)(設備編)

こちらのブログを見ていただいて熱帯魚を飼育してみたい!
と思っていただいた方。それこそがこのブログ最大の目的と
思っておりますのでありがたい限りです。

初めての飼育方法についてはyahoogoogleで検索すれば
いくらでも出てくると思いますので、こちらでは簡単に
説明しますね。

水槽設備について

■絶対に必要なモノ

・水槽

これがないと始まりません。当ブログではタライやバケツの
ことまで水槽と呼んでますが、出来れば最初はクリアなガラス
水槽から始めましょう。
飼いたい魚の大きさ、匹数によって水槽のサイズを選びましょう。
最初は横幅36cm60cmくらいの水槽がオススメです。
また、初心者向けにオールインワンセットもあるので、そちらを
選ぶと間違いがありません。

・フィルター

水槽内の水を循環させるコトによって水換えの手間を減らして
くれます。目的、環境別にさまざまなモノがあります。
最初は上部式外掛け式が使いやすくてオススメです。

・ヒーター

「熱帯」魚ですから水温が下がってくると、ヒーターが必須に
なります。水槽のサイズによってワット数を選びます。
横幅36cmの水槽で50ワット、60cmの水槽で150ワット
程度が適当です。
また、必要以上に温める必要はないので通常はサーモスタットに
よって電源を管理します。サーモスタット内蔵のモノがすっきり
としてオススメです。

■あった方がよいモノ

・ライト

水草を一緒に植えたい場合は必須です。また、熱帯魚の美しさを
いっそう引き立ててくれます。上部式やクリップ式、吊り下げ
式などがあります。予算に合わせて色々選べます。

・底砂

水草を一緒に植えたい場合は必須です。また、底砂の種類によって
水質を安定させてくれたり水草の育成を助けてくれたりと色々な
効果があります。
一度セットすると取替えは困難になるので慎重に選びましょう。

・カルキ抜き

水槽の水はだいたい1〜2週間に1回3分の1程度を替える必要が
あります。横幅60cmの水槽だと約20リットルの水量です。
汲み置きして1日置いておけばカルキは抜けますが、汲み置きが
難しい、めんどくさい方はこちらも揃えましょう。

・バクテリアの素

魚もおしっこをします。おしっこには有害なアンモニアが含まれて
いるのにどうして魚は水槽内で生きていられるのでしょう?
それはアンモニアを分解して無害に近い状態にしてくれる
バクテリアが水中や底砂、フィルターなどに繁殖するからです。
アンモニアが発生する状態で放っておけば発生するバクテリアですが
初めての水槽では繁殖までに時間がかかるので、バクテリアの素
入れておいた方がいいでしょう。

・水温計

ヒーターの故障や水温の急変による被害を未然に防いでくれます。
目盛りの付いたモノからデジタル表示のモノまで色々な種類が
あるので、使いやすいものを選びましょう。

・エアポンプ+エアストーン

上部式、外掛け式のフィルターならあまり必要はありませんが、
外部式や水中フィルターを使う場合は、水中への酸素供給が
足りなくなる場合があるので設置しましょう。
水槽サイズに合わせて色々な種類があります。

・冷却ファン・クーラー

「熱帯」魚だけど連日30℃を越えるような水温が続くと魚も
参ってしまいます。高温が続くような場所に水槽を設置するなら
必須になります。水槽用クーラーは設置が困難な上に価格も
高いので、最初は冷却ファンから設置するといいでしょう。

・水槽台

一般的な60cmの水槽を設置した状態で重量60キロを越します。
靴箱やダッシュボードへ置くと下の引き出しが開かなくなったり
最悪の場合は天板が割れて、中身の魚ごと60リットルの水を
ぶちまけるコトになりかねませんので、出来れば設置は
水槽専用の台をオススメします。

その他小物
アクア用品にはその他にも便利な小物が色々あります。
飼育しながら必要に応じて揃えましょう。


初めての熱帯魚飼育を楽しむ!(2)(飼育準備編)に続く
ニックネーム 与田 at 19:52| Comment(14) | TrackBack(1) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

インドフレッシュウォータータイガーゴビー

インドフレッシュウォータータイガーゴビー

どーしても維持しきれなかったバンブルビーさん。
それでもハゼ飼育があきらめ切れず買って来ちゃいました。
なんか淡水でよさげな名前をしておりますがどうなんでしょう?
ふつーにフレッシュウォーターバンブルビーが違う名前で
売ってると思っておけばいいのかな。
とにかくこの名前じゃ調べても出てこないけど、今のところ
順調順調。しかし小さすぎてエサがちゃんと回るのか、
ちょっと心配なところです。
大きくなれよー。

関連記事
ニックネーム 与田 at 23:16| Comment(32) | TrackBack(0) | 熱帯魚 - その他の魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

覚悟のススメ

魚を買う前に。

熱帯魚たちは様々な姿と仕草で私たちを癒してくれます。
もう少しであなたの家にもそんな癒し空間が訪れます。
ただ気をつけて欲しいのは、熱帯魚たちは1つ1つが
命ある生き物なのです。
水槽内で子供が生まれて喜ばせてくれることもあれば
昨日までエサをくれくれとなついていた魚が、今日には
水槽の底で横たわって動かなくなっているかも知れません。
必要なのは先に紹介した器具や設備より、まず生き物を
飼う事の責任に対する覚悟です。

覚悟の準備は出来ましたか?


ニックネーム 与田 at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

ホタルック

猫を飼い始めてからオープンにすることもなかろうと
クリップ式のライトから、上部式のライトに変えました。
直管20wx2本のやつです。
20wと言うことは・・・
そのまま家電屋で売ってる蛍光管が使えるじゃないですか!
と言うわけで買ってきました。ホタルックFRESH。

ホタルック

色温度はADAのNAランプと同じ8000ケルビン。
ちょっと青白い感じですかね。でもやっぱ2灯は明るいわ。
なにより大手家電屋さんで売ってるので思いっきり安い。

さて、鑑賞もさせていただいたことですし、そろそろ
ライトを消しますか。

ホタルック

実はこのホタルック、ライトを消してもしばらくは
薄暗く光り続けます。ライト消した後、魚がびっくりして
騒ぐのが気になってたんですよね。これで解消出来そうです。

関連記事
ニックネーム 与田 at 00:17| Comment(13) | TrackBack(0) | 飼育器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

ミクロソリウムナローリーフ

自らの提唱する「野放図style」もそろそろ
限界に近づいてまいりました。

ミクロソリウムナローリーフ

伸び放題!きたねー!
水槽中ほどにある流木に活着させた
ミクロソリウムが前面まで伸びきって
しまいました。
と言うわけで久々のトリミングです。
ミクロソリウムの場合おもむろにハサミを
水槽に突っ込んでチョキチョキです。

それチョキチョキ。
暑さに負けて黒くなった部分を大胆に
チョキチョキ。
葉の裏にオトシンが貼りついてないか
確認しつつ繊細にチョキチョキ。

ミクロソリウムナローリーフ

はいすっきりー!

切った葉っぱを水槽に浮かべとくとそのうち
水草が生えてきます。恐るべしシダ植物。

関連記事
ニックネーム 与田 at 23:43| Comment(10) | TrackBack(0) | 水草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする